仮面ライダー電王のすべて 主題歌 ネタバレ キャスト 画像 動画など
仮面ライダーキバもよろしく

スポンサード リンク


スポンサード リンク

仮面ライダー 電王 登場人物

ジーク

いつもありがとうございます。
仮面ライダー電王のすべて 仮面ライダー電王のブログ」管理人の「おやっさん」です。
よろしくお願いします。

イマジンのジークを紹介します。

鷹山財閥の令嬢、鷹山栞に憑依したが、栞は妊娠していたので胎内の息子、祐介にも憑依する形となり、祐介の生誕とともに彼に憑依する形で2007年に生まれてきてしまうことに。

姿は、栞が持つ白鳥(白鳥の湖のジークフリート王子か?)のイメージが具現化されたもの。

一人称は「私」。ジークという名前は自称。

祐介が誘拐されたとき実体化し、祐介を連れ脱出したところで、彼を「鳥」と勘違いしたリュウタロスによってデンライナーの食堂車の貨物スペースに連れてこられます。

強引に良太郎に憑依し、「我が兄弟」と称する祐介の母親を探すためにハナたちをこき使います。

その後、祐介の中のジークの記憶がなくなり消滅しかけますが、最初に憑依した栞の「赤ちゃんが無事に生まれますように」という望みが契約内容で既に契約完了していたことがわかります。

彼女の最も強い記憶である1997年6月1日(結婚式の日)にデンライナーで送り届けてもらい、消滅を免れます。

赤ん坊の世話を焼くなど悪人というわけではではありませんが、自分を「プリンス」といい、高飛車な立ち居ふるまいをするなど、自己中心的な性格です。

イマジン本来の使命もまったくやる気を見せません。

口癖は「降臨!」、「頭が高い!」など。

周りの者を「お供」として扱い、当たり前のように命令を下すことも多いですが、祐介や栞など自分がみとめた人物に対して敬意を払ったり、「主の使命」に目覚めてお供に対するねぎらいと思いやりを心がけるようになるなど、本当は素直で純粋な性格のようです。

2007年に「生まれて」きたため、存在する力が他のイマジンよりもはるかに強く、人間への影響力はリュウタロス以上です。そのため、祐介が契約者であるのに良太郎に憑依できるし、他のイマジンを寄せつけず良太郎を独占できるなど、(本人曰く「教養の差」)ほどの力を持つようです。

他のイマジンを一定時間手の平サイズにまで縮小させる能力を持っています。

ジークが憑依した良太郎は、白色のメッシュが入ったコーンロウに白色の瞳になり、首元にはフェザーを装った姿になります。高飛車な性格は相変わらずで、堂々と優雅に振る舞うのが特徴です。


仮面ライダー電王のことなら仮面ライダー電王のすべて 仮面ライダー電王のブログ」でどうぞ!


スポンサード リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52673076
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。